【施術報告 腰痛】施術例23 育児中に痛めた腰痛

2021年03月29日

施術例23 育児中に痛めた腰痛

30代女性 / 会社員 / 船堀在住
・症状
朝起床時の腰痛、寝返り等の回旋痛、膝の重だるさ
 
・経過と施術内容
当院来院前日に子供の世話をしていて前かがみになった際に、腰部を痛めた為当院に来院された。
話を伺うと妊娠中から腰や膝の重だるさを感じており、出産して育児をするようになってからは、
より顕著に感じるようになった。
現在では朝の起床時に痛みが強く、起き上がるのに時間がかかるとのことであった。
初診時には骨盤矯正とRPを加え、腸腰筋を緩めるように手技を行ったところ、
来院時の痛みが10段階中1〜2まで減少していた。
約1週間後に第2診となったが、日常生活ではあまり痛みを感じなくなっており、
朝起床時の痛みのみが残存している状態であったので、
改めて腸腰筋を中心に緩めたところ、第3診では朝起床時の痛みもかなり軽減し、
約2週間ほど空いた第4診でも、悪化していないようだったので施術を終了とした。
・考察
腰椎前面から骨盤内を通り、大腿骨内側に付着している筋肉で腸腰筋という筋肉がある。
正確には腸骨筋と大腰筋という筋肉が合わさったものであるが、
今回のケースのように上半身を起き上がらせる為に使用される筋肉である。
本来は股関節屈曲という動作に用いられているが、腰痛の原因となっている場合が多く、
深部にあるのでアプローチがしにくい筋肉でもある。
また代謝の良い筋肉でもあるので、こちらが活動できていないような人は、
全身の代謝も悪くなりがちである。
腿上げなどのトレーニングや、股関節を後ろに伸ばすなどのストレッチを行い、
腸腰筋の活動性を下げないように心がけて頂きたい。
・使用した主な技
骨盤矯正、RP(承山、委中、申脈、腰腿点)
2434

【施術報告 腰痛】施術例19 フラダンスをして痛めた腰痛と右膝痛

2021年03月29日

施術例19 フラダンスをして痛めた腰痛と右膝痛

40代女性 / 主婦 / 宇喜田町在住
・症状
腰部の回旋痛、右膝内側部の痛み
 
・経過と施術内容
以前から腰痛があり、特に朝は固まっている感じがするとのこと。
また一年に数回はぎっくり腰の既往歴がある。
最近はフラダンスのレッスンを始めたが、
レッスンで腰を捻って負傷してしまったので当院に来院された。
初診時はRPと骨盤矯正によってバランスを整えたところ、症状の改善がみられた。
第2診では症状は安定していた為、矯正は加えず手技のみで調整した。
しかし第3診では、フラダンスのレッスンにより右膝を負傷してしまった為、
アイシングを行い右膝関節の施術も追加していくことにした。
それから数日空き、第4診では膝を庇った事で腰の痛みも強くなり、
5日間ほど寝たきりになってしまったとのことであった。
第5診でも腰の痛みが強く残っていた為、鍼治療を加えたところかなり痛みの軽減がみられた。
その結果、膝の痛みはほぼ改善したので、その後も鍼治療を継続する事にした。
鍼治療を続けたところ第7診では起き上がっても痛みが少なくなり、
第9診では腰の張り具合が軽減した気がするとのことであった。
その後も腰の張りはやや残存していたが、第12診で自覚的な腰の緊張はだいぶ薄れており、
第19診では当初の主訴は消失したので、第20診では鍼治療は行わず施術を終了とした。
・考察
今回のケースでは膝を負傷してしまい、庇ったことにより腰痛が悪化してしまっている。
これは顕著な例だが日常生活においても、無意識に不安定な膝を庇っていることがあり、
それが腰痛の原因となる場合がある。
連動性のある関節の調整を行うことで、治療にも予防にも効果的なのだ。
・使用した主な技
RP(承山、委中、腰腿点、右下腿部硬結部挟み打ち)、骨盤矯正、鍼治療(肺兪、玉人、夾脊穴) 
3255

【施術報告 腰痛】施術例14 交通事故の後遺症による腰背部痛と骨盤の歪み

2021年03月29日

施術例14 交通事故の後遺症による腰背部痛と骨盤の歪み

20代女性 / 主婦 / 松江在住
・症状
左の腰背部の鈍痛と骨盤の歪み、左膝の伸展制限
 
・経過と施術内容
来院2日前に引越中に重たい荷物を何度も持ち上げてから、左の肩甲骨内側から腰部にかけて、
ズーンとした重たい痛みがあるとのこと。
また左膝も伸ばしにくくなっている。
さらに10年以上前に交通事故にあっており、その後遺症で体の左側が調子が悪い事が多く、
体の歪みについても自覚があるということであった。
初診時にはRPによるツボ治療と骨盤矯正を行い、
全体的な筋緊張緩和と背骨の土台の安定を図った。
第2診には背部の調子はだいぶ良くなっているが、膝の調子は相変わらずということであった。
第5診には背中をぶつけて怪我をしてしまった為、
腰背部の手技は避けRPによるアプローチを中心とした。
その後同様の施術を続けていたところ、第9診には腰背部、膝共に症状はかなり軽減していた。
しかし第10診の2日前にヒールを履いた際に、左母趾に痺れが出たということだったので、
RPにてなぞりを加えた施術を続けると、第13診には痺れも完全に消失した。
第14診で主訴が消失した為、施術を終了とした。
・考察
こちらのケースでは引越し作業が痛みの誘発につながっているが、
それ以上に根本原因として考えられるのは、やはり10年以上前の交通事故であろう。
10年以上前といっても現在も左右の不調や体の歪みを自覚している為、
交通事故後の治療が不十分だと数年越しで後遺症に悩まされてしまうのだ。
交通事故の衝撃は強く、体も大きく歪んでしまうので、
矯正を加えしっかりと体を整えていく必要がある。
・使用した主な技
骨盤矯正、RP(筋打ち・なぞり)
425

【施術報告 足の痛み】施術例8 子どもを抱いて痛めた左下腿部痛

2021年03月29日

施術例8 子どもを抱いて痛めた左下腿部痛

20代女性 / 主婦 / さいたま市見沼区在住
・症状
左下腿部の伸展時痛
 
・経過と施術内容
当院来院の一週間ほど前に、自宅にて子供を抱きかかえていた際に、体勢を崩し左下腿部を負傷。
以前から左側を下にして寝ている為、足がつりやすく、育児中も左側に重心が偏ってしまい、
左膝窩の筋肉が緊張して短縮している状態であった。
初診時はRPと骨盤矯正により、骨盤から大腿部までの筋緊張を緩めたところ、
来院時10の痛みが1までに軽減していた。
翌日も来院して頂いたところ、痛みは半分くらいに戻ってしまっていたが、
ふくらはぎの痛みはあまり感じていなかったため、膝窩の施術を中心とした。
経過が順調であったので続けて来院して頂き、第3診でも症状が軽減しているのを実感していたが、
長い距離を歩くことができないとのことであった為、鍼治療を加えたところ調子が良いとの事であった。
第4診でも鍼治療を行い、第5診では特に症状は無いとのことだったので、施術を終了とした。
・考察
手足など身体の末端は血液循環が悪くなりやすく、冷えやむくみの症状が現れることが多い。
今回のケースでも左側を下にして寝ているとのことだが、臀部が圧迫されてしまい、
下肢への血流が悪くなる原因となる為、下腿の症状も出やすくなる。
バランスの良い身体の使い方を心がけて頂きたい。
・使用した主な技
RP(環跳、丘墟、下腿部散鍼)、骨盤矯正、鍼治療(承山)
2238

【施術報告 膝痛】施術例14 歩き始めに痛む両膝関節痛

2021年03月29日

施術例14 歩き始めに痛む両膝関節痛

70代女性 / 無職 / 船堀在住
・症状
歩行開始時の両膝関節痛、膝窩〜下腿部のこわばり
 
・経過と施術内容
当院来院の当日に自宅階段を降りた際に負傷。
何もしていなければ痛みを感じることは無いが、歩き始めや伸ばした状態から、
いきなり膝を曲げると痛むということで来院された。
また膝裏からふくらはぎにかけてこわばりがあり、
膝が曲げにくい感じがあるということであった。
初診時はRPを加えながら、大腿四頭筋や下腿三頭筋など、
膝関節周囲の筋緊張を緩めるようにした。
翌日も続けて来院して頂いたところ、状態は改善しているが、
右膝の違和感が残っているとのことであった。
それから第6診まで続けて施術を行ったところ、特に違和感も感じなくなっていたため、
以降はメンテナンスを中心とした。
第10診まではあまり間隔を空けずに来院して頂いていたが、
第11診までは1週間ほど来られないとのことで、
セルフケアの方法を伝えて様子を見たところ、特に悪化するような事もなかったため、
第14診で施術を終了とした。
・考察
歩行開始時の膝関節痛という訴えは多く、特に膝は歩行中に常に荷重がかかっており、
体重の影響も大きい。
以前にも膝関節痛がなかなか改善しないと仰る患者様がいたが、
しばらく間を空けて来院された際には見違えるほど痩せており、
ダイエットをしたら体の悪い所が気にならなくなったため、
あまり来院しなくて良くなったと仰っていた。
もちろん施術によるケアは重要だが、自身のウィークポイントを見極め、
セルフケアをしていくことの大切さもお伝えしていきたいと思う。
・使用した主な技
RP(下腿部硬結数点)
2456

【施術報告 膝痛】施術例13 運動をしていて痛めた膝関節痛

2021年03月29日

施術例13 運動をしていて痛めた膝関節痛

60代女性 / 主婦 / 松江在住
・来院
2019年6月
・症状
左右両膝関節の痛み、特に左膝内側広範囲が痛む
 
・経過と施術内容
以前より骨粗鬆症を患っており、他の整骨院にも膝の痛みで2年ほど通っていたとのこと。
病院にも通院しており、軟骨が無いと言われ、鎮痛剤を服用している。
当院には近所の施設にて運動をしていた際に、膝の痛みが増悪したため来院。
初診時には膝の外旋動作、屈曲運動や歩き始めでの痛みが強く生じていたため、
RPのなぞりと底回しを加えることで症状の軽減が見られた。
5診目まで同様の治療で順調に効果が出ていたが、来院頻度を空けると右足の裏に痛みが現れた。
しかしRP治療の継続により治癒力が高まり、12診目には症状の消失が見られたので完治とした。
・考察
こちらのケースでは膝の軟骨が無い(すり減っている)と診断されているとのことであるが、
膝の軟骨はクッションのような役目を持っており、膝の安定性を高めている。
しかし荷重がかかりやすい部分でもあるので、消耗しやすい組織でもある。
すり減った軟骨は増やしようが無いが、
筋肉の緊張を和らげ痛覚神経への刺激を緩和させることで、
痛みを減らすことはできる。
・使用した主な技
RP(底回し、なぞり)、膝関節・膝蓋骨調整
1749

【施術報告 膝痛】施術例12 スポーツ(エアロビクス)をしていて痛めた膝関節痛

2021年03月29日

施術例12 スポーツ(エアロビクス)をしていて痛めた膝関節痛

40代女性 / 会社員 / 松江在住
・来院
2019年5月
・症状
左膝関節の歩行時痛とひっかかるような痛み
・経過と施術内容
普段からエアロビクスのレッスンを受けており、
来院された際には座る動作と歩行時痛が生じていた。
また痛みに波があり膝の屈伸動作で、たまに引っかかるような痛みがあるとの事であった。
初診で触診をしたところ膝の整形外科的テスト法は陰性であり、
骨盤以下の関節が全体的に固く、大腿四頭筋から前脛骨筋にかけての筋緊張が顕著であった為、
関節周辺組織の損傷ではなく、筋緊張性の痛みと考え施術を行った。
骨盤矯正を加えて筋肉の緊張を緩和し、
RPによるツボ治療で関係経絡を緩めたところ症状が軽減した。
その後3診までRPによる治療で痛みが消失したので完治とした。
・考察
膝関節は体重や重力の影響を受けやすく負傷しやすい部位であり、
また今回のケースでは重症ではないが軽度のロッキングが生じている。
ロッキングとは膝関節内部の半月板の損傷により、膝関節が引っかかりロックされてしまい、
それに付随した痛みが起こるのである。
今回の治療では骨盤矯正により膝周囲の筋緊張が緩められた事と、
RPによるツボ治療で痛みの緩和が出来た事により早期の治癒となった。
・使用した主な技
骨盤矯正、RP
1691

【施術報告 膝痛】施術例11 スポーツ(バレーボール)で痛めた膝痛

2021年03月29日

施術例11 スポーツ(バレーボール)で痛めた膝痛

10代男性 / 学生 / 江戸川区松江在住
・来院
2018年5月
・症状
左膝窩の屈伸運動痛
・経過と施術内容
バレーボールをやっていて負傷しており、膝の内部が痛む感じがするとのこと。
しかし整形外科的な検査では内部の靭帯等は問題なく圧痛点を丁寧に探っていくと、
膝裏からつながる大腿二頭筋部に痛みが繋がることがわかり、
大腿二頭筋を中心に膝周囲の筋肉を緩め膝関節の調整を
行ったところ痛みが軽減した。
バレーは続けるということだったのでストレッチ指導をして現在継続加療中。
・考察
膝関節や足関節等はバスケットやバレーボールなどジャンプをする競技で痛めやすい。
また今回のお客様の話によるとあまりストレッチを行なっていなかったようである。
ストレッチに対する考え方は様々だが、ハードなスポーツをやるのであれば、
スポーツの前後で静的・動的ストレッチをしておいた方がリスク回避ができると思う。
・使用した主な技
ASTR、MET、膝蓋骨調整
1764

【施術報告 膝痛】施術例10 フットサルをプレーした際のひざ痛

2021年03月29日

施術例10 フットサルをプレーした際のひざ痛

20代男性 / 会社員 / 江戸川区東小松川在住
・来院
2018年2月
・症状
フットサルをプレー中に左膝外側に疼痛が出現。日常生活でも階段の登り降りの際に痛みが出現する。
・経過と施術内容
左膝関節軽度屈曲時に大腿骨外側上顆に圧痛がみられた為、腸脛靭帯炎を疑う。
腸脛靭帯炎は緊張した大腿筋膜張筋腱が膝関節軽度屈曲時に、
大腿骨外側上顆を乗り越える際の摩擦により疼痛が生じる。
施術は大腿筋膜張筋及び大殿筋の柔軟性を取り戻す手技療法とストレッチを主とした。
自宅でもセルフケアのストレッチを行って頂いた結果、約1ヶ月程で症状はほぼ改善している。
・考察
腸脛靭帯炎の症状自体は表面的なものであり、根本的な原因は下肢のアラインメント不良の可能性がある為、
症状が繰り返される場合は骨盤の調整が有効であると考えられる。
・使用した主な技
股関節抜き、風市

【施術報告 膝痛】施術例9 オスグッド病による両膝前面部痛

2021年03月29日

施術例9 オスグッド病による両膝前面部痛

10代男性 / 中学生 / 江戸川区船堀在住
・来院
2018年2月
・症状
両脛骨粗面の圧痛と膝関節の痛みによる屈曲制限
・経過と施術内容
毎日空手をしており二ヶ月程前から膝の痛みを感じて、
整形外科に来院したところ柔軟指導のみで、
毎日の空手練習に回復が追いつかないため当院に来院。
整形外科での診断をもとに年齢や脛骨粗面部の圧痛と、
大腿四頭筋部の強度な筋緊張が見られたためオスグッド病の施術を開始した。
初回は運動後ということもあり熱感があったのでアイシングを行い、
膝蓋骨の調整と大腿四頭筋部、
ハムストリングのストレッチとともに、下腿部の筋緊張緩和のための手技を加えて、
継続加療したところ4回目来院時には右膝の症状が改善。
来院日の運動の度合いにより、熱感と症状の差はあるが順調な回復傾向が見られた。
しかし、16回目の来院時には左足を庇ってしまったため、再度右膝を痛めてしまう。
左の足関節の調整と大腿四頭筋部への鍼施術を加えたところ、
症状の軽減が見られたため現在も継続して週2回来院での経過観察中。
・考察
学生は部活や習い事を休みにくいために、症状の回復と悪化が繰り返されなかなか治りにくい。
その為、運動が強度な時はしっかりとアイシングを行うことが必要であり、
学生本人への柔軟指導などの普段のケアに加え、
定期的な来院を促す事が早期治癒への近道であると考える。
・使用した主な技
モルフォセラピー、モビリゼーション、委陽
1 2