送る TEL LINE
閉じる
メールで送るメールで送る
LINEで送るLINEで送る

よく転ぶ子は足が問題? | 江戸川区 船堀駅から徒歩2分のはればれ鍼灸整骨院・整体院

お問い合わせはこちら

Blog記事一覧

月別アーカイブ

カテゴリ一覧

よく転ぶ子は足が問題?

2016.07.30 | Category: ストレッチ,セルフケア,成長痛

子供がよくつまづいたり転んだりというお話を聞きます。

 

子供がよく転んだり、変な歩き方をしている場合は足の問題が考えられます。

 

足裏で重要な役割を果たしているのが足裏の拇趾球、小趾球、踵が大事な部位です。
しっかりした足はこの3点を結んだ骨格がアーチ状になっていて、体重をしっかり支えるのと
地面からの衝撃を吸収してくれます。

 

このアーチは大体9歳くらいまでに出来上がり、
アーチが崩れてしまいぺったんこになると
転倒しやすかったり、ちょっとしたことでも足がすぐ疲れます。

 

扁平足とは親指側〜踵のアーチが潰れてアーチがない状態で、
足裏が地面にしっかり着いてしまい衝撃が膝や腰に伝わりやすくなります。

外反母趾は先天性もありますが、一部もしくは全てのアーチが崩れると酷くなります。

ハンマートウは横アーチ(拇趾球〜小趾球)が崩れていることが多いです。
ここのアーチが崩れていると地面がしっかり蹴れないのでしびれや痛みが出ることがあります。

このような状態の改善をするには良い靴選びも重要となってきます。

 

股関節や足首が硬いことも考えられます。股関節や足首周りのストレッチを足首をしたり、よく回したりするのがオススメです。ゴムハンマーでトントンもいいです。

 

当院ではインソールを使って足の矯正(無料)をしたり、
長期的な足の補正のインソールを扱っていますのでお気軽にご相談下さいね〜

膝痛改善:膝の痛みを改善

2016.06.09 | Category: ストレッチ,セルフケア,下半身の痛み

いまは季節の変わり目ですね、
このような時期は膝が痛くなる方も多いです。
膝の痛みも様々な症状があり、タイプがあります。

 

●膝の内側が痛くなる人、座り仕事が多い人
・正座をします。その状態を15秒維持します。
※痛くて正座出来ないケースはバスタオルを折り曲げたり座布団を膝裏に挟みましょう。
・その後に膝を15秒伸ばしましょう。
これを10回2セットを行ってみてください。

※膝の軟骨は関節液をキープしています、この関節液は軟骨の栄養成分を含んでいます。
膝の屈伸をすることでこの液体が隅々に行きわたって軟骨に栄養が行き届きます。
痛みがあり、それをかばって動かさないと痛みの部分が硬くなり動かなくなって
余計悪化してしないますので痛くない範囲でのストレッチが大事です。

 

●立つ姿勢が多い人
・電話帳、漫画など厚い本を床に置いて、そこに片方の足を乗せましょう。
20分に1回くらいの間隔で足を替えてみましょう。

立っていることが多く、常に同じところが圧迫されてしまうことで、
軟骨やその細胞に負担がかかってしまい痛みが出てしまいます。
圧迫される場所をかえて軟骨の圧迫される場所を使いましょう!

 

●体のコリや運動をする際
・椅子に浅めにすわり両足を肩幅より広めに開きます
・手を膝上において、両手に体重をかけて前かがみになります。
・息を吐いたまま肩を入れて、太腿を外に押して15秒維持します。
これを交互に15回、2セットやりましょう。

これで太腿はもちろん、骨盤周りや背中周りの硬さをほぐすことができます。
足回りだけではなく、カラダの硬さを解消し、筋肉の動きを良くすることで
膝の痛みの根本的な改善をしますのでこまめにやることをお勧めします。

膝の痛みの筋肉トレーニング
・足を肩の幅くらいに開き、腰を少し落として15秒維持します。
太腿の前の筋肉が硬くなるよう負荷をかけましょう。
毎日15回を2セットやるのが良いです。
筋肉をのばしたり筋トレをすると膝の痛みが和らいできます。

腰痛対策:腰の調子が悪い人へ

2016.05.26 | Category: ストレッチ,セルフケア,上半身の痛み,下半身の痛み

腰痛、辛いですね。。。

日本人の8割以上が腰痛になったことがあると言われるくらい、

腰痛は多くの方が悩まされています。

 

 

腰は上半身と下半身をつないでいる位置にありますので、負担がかかりやすいということも言えます。

話は逸れますが、腰を押すと首痛くて動かないものが動いたり、

膝の痛みが和らいだりと実際の施術でも腰の状態をよくすると

上半身や下半身の動きが良くなるということも良くあります。

 

 

腰の調子が悪い方やまたすぐなりやすい方はこれからお話しすることを参考にしてみてください。

 

そのような方がやってはいけないことをお話します。

 

 

・頭を洗う時に前にかがむこと
…低いお風呂のイスは避け、シャワーを固定したり、
シャワーをもって前かがみのない姿勢で洗いましょう

 

 

・キッチンでの立ちっぱなし
…これも腰にかなり負担がかかります。
小さな台を利用して足を交互にのせて股関節の緊張を緩めましょう。
そうすることで背中の筋肉も伸ばされます。

 

 

・デスクワークなどでの座りっぱなし

…また立ちっぱなしも負担がかかりますが、座りっぱなしも負担がかかります。

お尻や足の筋肉が硬くなり、腰はお尻や足の動きとも連動していますので硬くなり動きが悪くなると、腰の動きも制限されて腰に負担がかかります。

 

 

・重いものを持ち上げる
…これもうっかりするとぎっくり腰になってしまうので
腰を屈めるのではなく、膝を落としてものを持ち上げましょう。

 

 

対策としてストレッチやゴムハンマー整体をお伝えしていますので興味がある方は聞いてくださいね。

腰痛:精神的な腰の痛み

2016.03.24 | Category: セルフケア,上半身の痛み,下半身の痛み

今回は精神面から生じる腰の痛みをご紹介いたします。

 

 

最近ではストレスなどの精神的なものが腰の痛みと関連していることが判明しています。

身体の痛みをコントロールしているのが、脳にある側坐核という所で、

普通は痛み刺激があると脳の側坐核が抑えようと働きかけます。

それがストレス等の精神的なもので働きが悪くなると制御することがしきれなくなり、

痛みを数段感じてしまいます。

原因が全く分からない、画像診断などでも不明なものは脳の影響が考えられます。

 

 

 

また腰の鎮痛作用には情動的なことも影響しており、いわゆる精神的な作用で痛みの度合いが変わることもよくあり、

ネガなことを考え続けると痛みがなかなか解消できないということも考えられます。

 

 

 

●少しでも軽くさせるやり方をご紹介します

イス等に座り、足を肩幅くらいに開いて息を吐いたまま、10秒ほど前屈みして戻ります。

次に首の後ろに指を組んで息を吐きながら10秒ほど後屈して戻ります。

これで腰の筋肉の動きが出て来ます。

これを5セット1分間くらいやってみましょう♪

 

 

腰痛改善:腰の痛み

2016.03.14 | Category: ストレッチ,セルフケア,上半身の痛み,下半身の痛み

日本人の三分の一以上がなやんでいると言われる腰痛。

当院でもかなりの方がご来院されます。

腰が痛い人の解消法をご紹介します。

 

今回は腰の筋肉を伸ばして痛みを解消することをご紹介致します。

 

●腰を反ると痛い

仰向けの状態で膝を抱えましょう。
これを30秒間5回やってみましょう。
腰を丸めることでいつも反って縮んでいる筋肉の緊張をとることが出来ます。
さいごに少し反って前と後ろの筋肉のバランスをとりましょう。

 

 

●腰をかがむ、前屈すると痛い

体全体を反る体制を適度にやりましょう。
片膝を抱えるストレッチを交互に30秒5回程度行いましょう。

 

 

●立つと腰が痛い

座った状態で足を開いて、上半身を前に倒します。
右や左にも倒すと更に効果的です。
これも30秒5回程度行いましょう。

 

 

●腰を捻ると痛い

まずは痛くない方に捻りましょう。
何回かやってみて痛みが和らいできたら痛い方向に
少しずつ捻って行きましょう。

すると痛みが緩和して来ます。

 

くれぐれも無理はしないで下さいね〜

出来るところからセルフケアしていきましょう。

 

あまりにも痛みが取れないときはご相談くださいませ。

冷え性改善:冷えの話

2016.01.26 | Category: ストレッチ,セルフケア,冷え症

今回は冷えのお話をします。

 

冷えは危険です。

 

体温が下がった状態にしておくと免疫力が下がります。
体温が一度下がるとなんと免疫力が4割近く低下します。
免疫力が落ちると様々な病気を引き起こします。
また内臓の働きを鈍くさせるので不妊や生理不順、
太りやすくなるなどが起こってきます。

体温は首回りや胸元、手首、足首から放熱されるので
首や手首、足首を温めていくことが大事です。

 

 

●冷え取り解消法
・足の指を5秒間曲げます、そのあと数秒脱力します。これを15回くらいやってみてください。
・下腿(ふくらはぎ)をつま先側から体幹側に揉んでいきます。リンパや血液の流れを良くするようにやってみてください。

・深呼吸

・ゴムハンマー整体で膝下をトントン叩きましょう。ポカポカしてきます。

・ほぐしたらストレッチをすると血流が良くなります。

・入浴、カイロ、お灸などで温めるというやり方もあります。

 

お酒を飲むと一時的に体は温まりますが、そのあと筋肉や内臓を疲労させ身体が硬くなり血流が悪くなるので、飲み過ぎは気をつけましょう。

 

似ていて間違えやすい病気は慢性動脈閉塞という
血液が末端に流れにくいものもあります。
これは爪や毛が伸びにくい、筋肉が落ちてしまうなどあります。

 

 

●冷え取り改善テスト

ここからはテストを行います。

Q

1、足湯はどのくらいつかる?

2、全身浴はどのようにつかる?

3、以下のうち陽性食品と陰性食品はどれ?

(砂糖、にんじん、紅茶、トマト、日本酒)

 

 

A

1、1回の目安は15分くらいです。

2、3分入って出ての繰り返し。

3、陽性食品はにんじん、紅茶、日本酒。陰性食品は砂糖、トマト。

 

いかがでしたでしょうか?参考にして役立てて下さいませ。

筋膜の話2(筋膜の硬さ解消法)

2015.12.12 | Category: ストレッチ,セルフケア,健康情報

■筋膜の硬さ解消法

筋膜はほぼ全身を覆っている組織ですので、筋肉のような部分的なストレッチなどで伸ばすというよりも広範囲で緩めていくことが大事です。

 

 

 

●背中の筋膜解消法

肩幅程度に足を開いて机やテーブルに手をつきます。

そのままゆっくりと手を前方に滑らしてください。

そのまま40秒程度維持してくださいを3セットやりましょう。

ご飯を食べるテーブルの高さ程度が最適で身体が直角(90°)くらいになるのがベストです。

※変に前屈みにならないように、へっぴり腰にならないように気をつけましょう。

 

 

 

●肩こりの筋膜解消法

片足(右足)を一歩前に出して反対の手(左手)を机に置きます。

机に置いた反対の手、右手(腕)を真上にピーンと伸ばし20秒維持します。

その際に後ろにある足(左足)が曲がらないように(特に膝)しっかり伸ばしましょう。

ピーンと伸ばしている右腕の方に頭と体幹を向ける(捻り)、

伸張感が出て心地よいという所で20秒維持します。

更に右手の指先を見上げるようにすると効果アップ!

そして左肘を机に着けて20秒維持。その左肘を

先ほど右腕の方に向けた体幹の内側までひねり込みます。

(これはキツいですが効きますよ?)

これを5回、1日のうちにやりましょう。

 

 

 

●顔のリフトアップ筋膜解消法

両腕を伸ばした状態で肩の位置まで上げましょう。

次に手を突き出し、肩甲骨を前に押し出すようにして20秒維持。

今度は逆に肩甲骨を後ろに引き寄せきって、次に肘を90°直角にして

20秒維持します。

この時に肘が肩の高さより下に行きがちので肩の高さにキープしていてください。

その状態から両腕を上げて行って(肘は90°直角を維持しています)

20秒維持

次に口と目をぱかっと大きく開けて10秒維持。

両手を前側にすぼめて行きます。この時顔の中心に全てが集まる

イメージで、それを10秒維持。

1日5回やりましょう。

 

 

●カラダの横側に効く筋膜解消法

左手を頭に載せます、右手を背中に回して、両方の肘を直角に曲げてください。そのまま両方の手を時計回りにグーッと40秒伸ばしましょう。

反対は反時計回りでやりましょう。

次に左足を右足の前でクロスしてカラダを右に40秒倒します。

逆もやりましょう。

以上のことをしっかりやるとコリや痛みを解消できてすっきりしますよ〜

筋膜の話

2015.12.04 | Category: 健康情報

12月になってめっきり寒くなりましたね。

 

そこで気になってくるのが肩や腰のコリや張り感。

これを改善する組織があります、それは筋膜です。今回はその筋膜のお話をします。

 

 

筋膜とはなんでしょう?

全身の身体の硬さにもなるもので、

筋膜でも筋肉に付いているのが筋外膜といいます。これは繊維を束ねるようにバラバラに崩れないように包んでいます。

その上には深筋膜といい。これは全身をいわばボディースーツのように付いています。

この2種類の筋膜の一つ深筋膜がコリや張り感など全身の身体の硬さに影響してきます。

筋膜はコラーゲン(伸縮性なし)とエラスチン(伸縮性あり)で構成されており、普段は普通に動いているのですが、何かの原因や影響で歪んだり捻れたりして動きが悪くなった結果がコリハリに繋がって行きます。

今回は筋膜とはどういうものか?をお話ししました。

 

次に、

例えば肩の凝りは、首や肩に負担がかかってこるのもありますが、

それだけではなくて背中や腰、またはふくらはぎなど関係なさそうな他の場所も肩凝りに影響します。それは筋膜の影響が大きいです。

姿勢により右と左の筋膜のバランスが悪くなり一つの場所に負担がかかってくるというのもあります。これは何気ないことでも起こってしまいます。

鞄を掛ける肩や持つ手、いつも重心がかかる足やいつも同じ手でスマホを持つなど偏っている場合は大体バランスが崩れています。

私が勉強しているオステオパシーや他の施術法も筋膜を意識したものがあり、

筋膜を緩めると改善することが多いと感じております。

次回は解消法のお話しをしたいと思います♪

活法整体を学んできました2(頸肩腕編)

2015.09.29 | Category: 施術紹介

頸肩腕編のご紹介パート2です。
お客さんに喜ばれております!

8、頚椎の導引

首の硬いコリの解消や首の動きの改善に効果があります。

9、腱の調整

親指側の筋腱を整えます。腱鞘炎や腕の症状のに効果があります。

10、肋骨上げ

普通の施術で取りきれない、肩甲骨周辺の過緊張の緩和に効果があります。

11、腕の巻き込み

肘まわり緊張を取る。野球肘やゴルフ肘やテニス肘など効果があります。

12、胸鎖乳突筋の導引

首の横の張り、胸鎖乳突筋の緊張を緩めます。

13、斜角筋の調整

斜角筋の緊張を緩めます。胸郭出口症候群などの痛みやしびれに効果があります。

14、後頭骨のすりあげ

後頭骨の上下の調整で主に頭痛持ちの方に用います。調子の悪い方の後頭骨の左右差を比べてみると
均等でないことが多いです。
左右差のあるスタッフにやってみたらギャーと叫んでましたが、後がスッキリしたと言ってました!

 

みな面白くて不思議な技なので使い手も楽しいです♪

15、頚椎の後屈調整
首を後ろに倒しやすくします。結構残る方が多いので重宝してます。

16、頚椎の前屈調整
首を前に倒しやすくします。これも結構痛みが取れにくい方がいますので使用しています。

17、手首の屈曲背屈調整(対応の調整)
手首の可動域の改善に使用します。手を突いた時に痛みがある方は痛みが取れます。
一見変化が出てないように見えるのですが、手を突いた時が全然違うと言われました。

18、母指の開き閉じ
親指の調整で、親指が曲がらなかったり伸びなかったりする方が非常に多いです。
首や肩、肘が調子悪い方は親指に問題がある人が少なくありません。

19、承山上げ
アキレス腱とセットで使うことが多いです。
ふくらはぎの調整で肩が上がるんです。不思議ですね!

20、アキレス腱反射
上記とセットで行います。受ける方は結構辛いです。ドSなストレッチな感じです。
でも後がすっきりします♪

21、肩の無重力
肩が重だるい方は首肩回りのコリが強い方で強く押せない方に効果絶大です!
しょっちゅう使っています。

活法整体を学んできました(頸肩腕編)

2015.09.25 | Category: 施術紹介

頚、肩、上肢の調整を学びました。

当院の他のテクニックと組み合わせることで様々な症状により対応できるようになりした。

1、頚の神経ストレッチ

寝違えや交通事故などでの頚の側屈の可動域の改善 頚椎椎間板ヘルニアなどに

2、胸椎の回旋導引

胸椎の可動域の改善や胸椎由来の上肢の症状に

3、肩抜き

五十肩などの肩の可動域の改善に

4、烏口腕筋の導引

五十肩などの烏口腕筋周辺の緊張の緩和に、テニスをやっている人などに

5、肩関節の開け閉め

肩の動きを良くします。肩こりなどにも効果があります。

6、肩の牽引

五十肩などの痛みや動きの悪さに

7、三角筋のつかみ

肩の動きが悪いすっきりしない人に、野球やゴルフをやっている人などに

技が多いのでまた次回ご紹介します♪